プロバイダーとは?プロバイダーの役目は?

プロバイダーについてよく分からないと言う方もいらっしゃるかと思います。ここではなるべく分かりやすくご説明します。

インターネットをするのには回線業者に加えてプロバイダーと言う仲介業者との契約が必要です。

ここで言う回線業者とはフレッツ光やauひかりのことです。この2社に加えて地場の電力会社やケーブルテレビが回線業者を営んでいます。東海地方ならコミュファ、関西地方ならeoなどです。

プロバイダーはOCNやBIGLOBEやSo-netなどです。

回線業者はあなたのご自宅からインターネットの世界までの道を作ってくれて、プロバイダーはインターネットの世界への扉を開く鍵の役目を果たします。

したがって、片方だけではインターネットは使えません。両方そろって初めて使えます。

また、プロバイダーと契約するとそのプロバイダー独自のメールアドレスが使えるようになります。ただし、最近はYahoo!メールやGmailやhotmailと言った無料で使えるフリーメールを使っている方が多いです。フリーメールはネットさえ繋がっていれば難しい設定いらないので便利です。

プロバイダーの乗り換えは簡単!?

回線業者を変更すると新たに工事が必要なのでひと手間かかります。しかし、プロバイダーの乗り換えは基本的に書類一枚で完了するので料金が安くなるのであれば乗り換えた方がお得です。また、プロバイダーによっては乗り換えた際にポイントやキャッシュバックが受けられるものもあります。

しっかりご自身の料金プランと比べて乗り換えを検討しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す